軽量ボートの簡単な運搬の仕方
小型ディンギーでも重量は40K以上あります。子供用のOPディンギーでも35Kもあります。当工房のPC(プライマリカデット)PP(プライマリカデット)は22〜23Kと非常に軽量です。そのため、運搬方法は、ちょっとした、こつと工夫で、お一人でもできます。
私は簡易な#の木製のカートップ補助具で行っています。以下、運搬方法を説明しますが、皆様の工夫で、もっと楽に安全にできると思います。よい方法がありましたら教えてください。

亀の甲羅運搬方式
亀の甲羅(船体)の中に入り手は前側バルクヘッドに肩・背中はダガーボードケースとスオートに当てます。ライフジャケットを着たままですと、もっと楽です。このようにして非力な私でも200メートルぐらいなら運搬できますが、自分の体力ぎっくり腰に注意願います。この方法ですと、ドーリーや船台などの運搬も不要です。ただし、風が強いと船が軽いため飛ばされる恐れがあります。
ルーフキャリアのレールにカートップ補助具を立てかけます。船体のガンネルを補助具の横棒に乗せます。ディンギー仕様ですとダガーボードの穴に指が入るので楽です。
補助具の縦棒の左側は 「 の形をしています。右側逆です。ですからルーフキャリアのバーがレールとなります。最初に補助具の横棒を持って持ち上げるように途中まであげます。身長は180センチありますが体重61Kと痩せ型非力の私でも大して力は使いません。   

 

半分ほどあがったら補助具が水平になるように一気にもちあげます。てこの原理ですから楽です。ここまであがたっら後は押し込むだけです。
はい、きれいに簡単にカートップできました。後は補助具も一緒にロープでしっかり固定します。高速でも、問題はありませんが、カートップすると横風の影響を受けやすくなります。また、ロープが振動、風等で緩む場合がありますので、ときどき、点検してください。また、くれぐれも安全運転を心がけてください。