◇○△□○□△▽◇□○0▽□◇○▽□△□□△▽◇□○0▽◇□□◇○

  Build your Own Boat

  新世代木艇工房通信   2 号        2008.05.18

○□△▽◇□○0▽□◇▽□○△□□△▽◇□○0▽□◇◇□○△□△▽

工房の最新情報は =⇒  http://mokuteikobo.com

――――――――――――――――――――――――――――――――→

こんにちは! 新世代木艇工房です。

この通信は、木艇造船のための情報やニュース 工房の状況等を不定期にお伝えします。

メルマガという性格上画像ファイル等は添付しません。写真入りで見たい方は工房HPに

画像入り通信がありますのでごらんください。

また、皆様からの情報もお伝えしたいとおもいますので投稿をお待ちしています。

 

 〜目次−−−−

◆《モーターテンダー(MT-250)キット発売開始》

◆《飯島 洋一君 北京オリンピックへ(レーザー級)》

◆《第3回 Wooden Boat Builders Meeting》

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

-------------------------

◆ モーターテンダー(MT-250)キット発売開始 ◆

-------------------------

無免許 無検査で乗れるSMALL BOATファンのご要望にこたえ、2馬力船外機専用の
SMALLBOATを設計しました。船型はWチャインのスコープラムです。キールカーブは
後部をフラットにしプレーニングを狙います。最大ビームを最後部に置くことのより停船時の
横安定を、と考えたらディンギーとまったくことなる形になりました。また、SMALLBOATに
ありがちな頭あげを防ぐためトランサムは12度のカウンタースターンとなりました。

設計コンセプト
一人でカートップできること(軽量)
初心者にでもつくりやすいこと
無免許、無検査でのれること
湾内、湖等で軽快に安全に走れること
釣り道具等の収納スペースが十分あること
















緒元

全長 2.5M 全幅 1.2M 重量 25kg 最大搭載馬力 2Ps未満(トランサムS) 
工法 S&G造船工法

前後デッキの下はエアタンクと荷物室になっています。荷物室は大きな開口部です
ので出し入れが楽です。もちろん水抜きのリンバホールもあけました。前後のエア
タンク小さなハッチをつけましたので濡れて困るものも収納できます。また、前後デ
ッキが広いので釣りもしやすいでしょう。ただし、MT250は湾内や湖等を軽快に移動
することを目的としていますのでバスフィッシング等の立ち釣りの安定性はあり
ませんが座っての釣りには十分な横安定性もります。。
性能は一人乗りで、延長ハンドルを装備し、船体中央位置にのるとMAX6.8ノットで
このクラス最速であろう。2人のりではクオータデッキに操縦者、もう一名はバウデッキ
に腰掛ると安定した走りを見せます。
ばう、は一般的な単板でなく、2枚で構成され若干尖らせました。
                                                                                       
------------------------------------------------------------

◆ 飯島 洋一君 北京オリンピックへ(レーザー級) ◆

------------------------------------------------------------

S&G造船協会2代目会長の飯島さんの息子の洋一君(29)が北京オリンピックの
レーザー級に出場します。
我々自作ディンギーの仲間にうれしいかぎりです。
実は洋一君はジュニア時代父親の作ったOP(オプティミストディンギィー)でレースに
参戦していました。
当時、のジュニアレースは輸入OPのウイナーでなくてはOPでないという風潮のなか
多くの親は高価な船体、セール、艤装品を買い与えていました。しかし、洋一君は、
S&G工法の合板のOPで、優秀な戦歴をのこしました。本来のOPの思想、「親子で
作り子供がレースをする」をまさに実践したのでした。
我々 S&Gの集まりにもよく参加し、実にセーリングを楽しんでいました。
そんな、洋一君がオリンピック選手になったのですから、皆で応援しましょう。

飯島 洋一君のホームページ
http://www.yoichi-iijima.com/

20年前の写真がでてきましたのでホームページ版の通信には写真を掲載します。
葉山御用邸前から江ノ島往復で帰りは子供たちだけで帆走すると言い張り、子供艇
親艇に分かれました、子供は3人とも小学校3年生ぐらいです。帆走しはじめたら親艇
をあっという間追い越してしまいました。後ろでヘルムスをとっているのが飯島洋一君です。
まん中が私の息子です。
親艇を追い越してうれしそうな子供たちの顔を見てください。

------------------------------------------------------------

◆ 第3回 Wooden Boat Builders Meeting ◆

------------------------------------------------------------
第3回 Wooden Boat Builders Meetinが下記要領で開催されます。いろいろな工法・種類の
艇が見れるチャンスです。当工房からはMT-250とプライマリカデットを持っていく予定です。
試乗されたい方はどうぞ  あなたの艇も持ち込んでください。

         記

第3回目は初回と同じ三浦海岸、和田長浜(なはま)海岸での開催です。

木の船を作られた方、作っている方、これから作ろうとしている方、関心のある人はぜひご参加下さい。

 

    日時:5月24日(土)―5月25日(日)

    場所:神奈川県三浦半島の和田長浜海岸(地図は準備中です)

    会の詳細はこれからもこちらで順次お知らせします、時々チェックしてください。

 

    WBBM公式サイト:http://woodenboat.jp/

    事務局へのMail:meeting@woodenboat.jp

   事務局連絡先(郵便/電話等):

   滋賀県高島市新旭町饗庭1600 新旭水鳥観察センター内

   奥琵琶湖ウドゥンボートセンター

    0740-25-5803

∝∽∽∝∽∽∝∽∽∝∽∽∝∽∽∝∽∽∝∽∽∝∽∽∝∽∽∝∽∽∝∽∽

新世代木艇工房通信   不定期配信

 ★編集:neverland

 ☆配信先アドレスの変更・配信停止をご希望の方はこちら

  ⇒http://mokuteikobo.com

  ⇒E-mail info@mokuteikobo.com 

∝∽∽∝∽∽∝∽∽∝∽∽∝∽∽∝∽∽∝∽∽∝∽∽∝∽∽∝∽∽∝∽∽