Fプラム

作りやすく、乗りやすい、多目的に使用できるをコンセプトに私の長年のアイデアを取り入れ設計しました。艤装を含めイメージはイギリスのクラシック小型ディンギーです。これを、当工房のベーシック艇にしたいと考えています。今後、帆走艤装を替えヨール/ケッチ/スクーナ/ブリガンチン等の帆船ディンギーにもと思いはひろがります。

概要
Vボトムのスコープラム船型で対波性能を向上します。スターン部のVは少ないので安定性と滑走性能を兼ねそなえています。セールはスタンディングガフに近い形(Aクラスディンギーまで行きません)をしています。これにより、短いマストでも高い風を掴むことができます。また、艤装もハリヤードを引き、ブームダウンロープを引き下げるだけの簡単装備です。スターンデッキはシアーラインより10センチ下げました。これによりエレキ 2馬力船外機も改造無しで搭載できます。
操船はセーリング 機帆走 船外機 オール等多目的にしようできます。
構造はS&G工法のモノコック構造ですので作りやすく非常に軽くできあがります。

緒元

全長 2.3m
全幅 1.2m
セール面積 3.0u
船体重量 22kg
定員 2名

 

船外機使用について
YAMAHA2馬力とエレキ(minn kota 30lbs)で試験しました。
YAMAHAはさすがにパワーがあり、2名乗船でプレーニング直前までのスピードになりました。1名乗船ではプレーニングするかもしれません。振動は若干ありますが艇体が木製のためか気になる程度ではありません。かたやエレキですがさすが静かです。また、パワーやスピードはYAMAHA2馬力に劣りますが、長さ2.3メートルの小型艇のスピードとしては十分です。走行姿勢ですが、1名乗艇でも小型艇にありがちな頭上げはあまりおこりません。半滑走船型でバウのVの波きりのよさのおかげかもしれません。次回試験時は消費電流とスピードの測定を行ってみたい。

エレキ(minn kota 30lbs)で中スローでの操船。バッテリーは自動車用40AH。
静かだし、後進も楽である。私にとってパワーは十分である。ちなみに、このエレキはもっとも小さい部類でり、価格も2万円強で購入できる。湖、ダム、湾内ならエレキをお勧めします。
ヤマハ2馬力はパワフルである。ただ、若干の音と振動はがまんしなければならない。また、クラッチがないこと後進が不便なことも理解しなければならない。潮の早いところ波があるときはエンジン船外機に軍配があがるであろう。

船外機にたよらず人力も楽しいです。
一人でも大人2人が並んでも漕げます。船体が軽いので力もいりません。

オプションでオール クラッチ クラッチ受けが必要です。